バックナンバー

シネフロント372号

2010年1月号 372号 (1月30日発行)

特集●キャピタリズム 〜マネーは踊る〜 
 6  マイケル・ムーア監督、大いに語る 
    みなさんが1945年以来つくり上げてきた日本でいて下さい!  
    「解雇はしない」といっていた日本に戻ってください! 
    他国を一切侵略しない、 
    侵略しようとする国をサポートしないと言っていた国に戻って下さい! 
 20  資料:マイケル・ムーア監督が送るオバマ大統領への公開レター
     あなたはほんとうに「戦時の大統領」になりたいと思っているのですか? 
 23  伊藤千尋:『キャピタリズム』
    1%の最富裕層が底辺の95%より多い冨を所有し、独占的に利益を得る社会――
    今のアメリカの非道な金融資本主義を赤裸々に摘発する痛快な映画だ。
                
特集●いのちの山河 〜日本の青空●〜 
 30  大澤豊監督、自作を語る
    国に先駆けて老人医療費を無料にするなど生命尊重の村作りを行なった沢内村。 
    みんなで団結して行動を起こせば政治も変えられる。
                
特集●インビクタス/負けざる者たち  
 38  クリント・イーストウッド監督ほかスタッフ・キャストが語る
    1995年のラグビー・ワールドカップ決勝戦は、 
    南アフリカの人々にとって、国の歴史におけるターニングポイントだった。
                
 44  イ・チュンニョル監督、『牛の鈴音』を語る
    私の父は農夫で、記憶の中の父はいつも牛と一緒でした。 
 46  ストーリー:『牛の鈴音』
 48  橋本勝:この映画が好き!『牛の鈴音』
    働きつづけの一生だったけど…… 
 50  再録(第148号):『男はつらいよ・寅次郎サラダ記念日』を語る
    島田豊/井上ひさし
    漱石の小説みたいに、理性では解けないところが出てきた<寅さん> 
 58  山田洋次監督『おとうと』  
    寅さんシリーズが愚かな兄と賢い妹の滑稽潭だったとすれば 
    今度の『おとうと』は、賢い姉と愚かな弟の可笑しくて哀しい物語 
 60  今泉幸子:ヨーロ・パリ最新情報
 63  2009年封切映画一覧
 68  今月の映画/書評 
 72  JOURNAL:上映・普及=川嶋博、鑑賞・批評=内海知香子
 74  鞆の浦フェステバル・レポート/NEWS  FILE/CINEMA TALK/EDITOR  ROOM