シネフロント最新号

シネフロント381号

2012年2月 381号 (2月20日発行)

特集●第4の革命 エネルギー・デモクラシー
 4  対談:カール・A・フェヒナー、伊藤千尋
    私たちは、ただ夢を追うだけの人間ではありません。
    これは単なる夢ではなく、実現できるものです。
 15  ストーリー
    私はエネルギー自給を目標に掲げる。
    太陽光、太陽熱、風力、水力、波力、地熱などに
    転換することだ。自然から無料でエネルギーが得られる。
                
 24  鎌仲ひとみ監督:3・11と『ミツバチの羽音と地球の回転』を語る
    この映画を見れば、原発がなくてもやっていけるということが腑に落ちて、
    民主主義的なステップを踏んで脱原発に向かうだろうと
    事故が起きる前には思っていました。まだ時間があると……。
 32  キム・ギドク監督:『アリラン』を語る
    3年間、映画を撮れなかった自分自身の内面を吐露したドキュメンタリー。
    苦しみを経ることで人生という器が満たされていく。
 40  イ・チャンドン監督:『ポエトリー アグネスの詩』を語る
    目に見えない隠された苦しみを見つめてこそ、
    ほんとうの美しさと出会える。
 45  タル・ベーラ監督:『ニーチェの馬』を語る
    自分が監督するのはこの作品が最後。
    今の映画界にはないイマジネーションをもった作家たちを、
    今後はプロデューサーや教える側になって助けていきたい。
 50  チェン・カイコー監督:『運命の子』を語る
    中国の伝統的な文化の良い部分は忍耐の力だと思います。
    それを、主人公を通して表現したかったのです。
                
 54  橋本勝:この映画が好き!『善き人』
    ナチをささえた"善き人"たち
 56  金城艶子:ダニエル・ブスタマンテ監督『瞳は静かに』に寄せて
    軍事政権時代のアルゼンチンの庶民の暮らしの匂い、
    空気まで感じられるほど丁寧に描かれています。
    タイムスリップしてあのころに戻ったようでした。
 64  平野共余子:ニューヨーク映画祭レポート
 67  山下智史:東京国際映画祭レポート
 70  2011年公開映画一覧
 74  今月の映画
 78  JOUNAL:川嶋博、内海知香子/NEWS FILE/EDITOR  ROOM