バックナンバー

シネフロント385号

2013年2月 385号(2月15日発行)

特集●ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜 
 4  呼びかけ人・賛同者メッセージ
 6  本村初枝:『ひまわり』の製作にあたって
     沖縄全島が軍事要塞化されようとしているとき
     沖縄の魂のこもった映画を完成させたことを
     製作に関わったすべての人たちと喜び合いたい。
 10  須賀健太:『ひまわり』に出演して
     撮影するなかで初めて知った沖縄の現実――
     沖縄の問題を、みんなで考えていくきっかけになってほしい。
 14  及川善弘監督:ひまわり白書
 17  完成披露試写会での舞台あいさつ:桂壮三郎、大城貞俊、福田沙紀、Civilian Skunk
 18  橋本勝:この映画が好き!『ひまわり』
     そのとき、教室にはられていた「希望」の字が辛い
 20  対談:映画『ひまわり』と沖縄:小森陽一、大城貞俊
     大城:沖縄の歴史と文化という、沖縄の人たちが時間をかけて培ってきた
      自然観や宗教観もふくめた、長いスタンスで宮森小事件を描きたいと思った。
     小森:言葉を発すること自体が、死者たちの記憶を忘れないで次の世代へ
      引き継いでいくということの連鎖になっていく。
 32  中村梧郎:米軍基地と枯葉剤
     政治家もメディアも、毅然として「沖縄に米軍基地はいらない!」と言えば、
     不当な日米地位協定をも改定できる。
 40  伊藤千尋:世界から基地が消え、原発も消えている
     不戦の心の背後には、無念に散った人類の魂がある。世界の共感がある。
     時代の流れを受け継ぐのは、「棚ボタ」で政権を得た政党ではなく、
     歴史を正しく担う者である。
 48  <資料>沖縄代表団「建白書」全文
    映画「ひまわり」を成功させる沖縄県民の会名簿
 50  『ひまわり〜沖縄の空は忘れないあの日の空を』完成台本/スタッフ・キャスト評
                 
 76  蒼井優『東京家族』に出演して
     昌次と紀子のふたりの存在があるから『東京家族』は、
     未来に向かう豊かな映画になっている。
 78  今月の映画
 80  JOUNAL:川嶋博、内海知香
 82  NEWS FILE/EDITOR  ROOM