バックナンバー

 

2015年1月 391号(1月8日発行)

特集●『イラク チグリスに浮かぶ平和』
 4  綿井健陽監督、自作を語る
    イラク人の目で見たイラク戦争。
    すべての戦争の犠牲者である一家族の物語を通して、
    イラク戦争がこの10年で何をもたらしたかを問い返す。
特集●『この空の花―長岡花火物語』『野のなななのか』
 14  大林宣彦監督、自作を語る(2)
     映画は、素晴らしい、愉しい、有難いものです。
     「風化しないジャーナリズム」であり、
         「未来への手紙」でもあるのです。 
特集●かぐや姫の物語
 32  対談:高畑勲監督、小森陽一(2)
     地球には月にはない豊かな魅力がある。
     色がある。水や命があふれている。愛憎がある。
     そのことを知って、かぐや姫は地球に憧れを抱いた。
特集●NO
 46  『NO』とチリ独裁政権3部作を語る:
     パブロ・ラライン/ガエル・ガルシア・ベルナル/アルフレド・カストロ 
    伊藤千尋:映画『NO』が語りかけていること
     歴史の歯車は展開させる人がいなければ回らない。
     チリでそれを実行したのは楽観性を持った普通の市民だ。
     自粛なんてやめよう。元気に行動すれば自分も社会も変えられる。
                
 56  『シャトーブリアンからの手紙』=フォルカー・シュレンドルフ監督
      銃殺の場面で描き出したかったのは、
      ギィ・モケら人質以上に若いドイツ兵の視点だった。
 58   橋本勝:この映画が好き!『シャトーブリアンからの手紙』
 60  『レッド・ファミリー』:イ・ジュヒョン監督
 65  『おやすみなさいを言いたくて』:エリーク・ポッペ監督
 68  平野共余子:「NY映画祭」「トライベッカ映画祭」レポート
 75  書評『しかしそれだけではない。小森陽一対談集2』
 76  今月の映画
 80  JOUNAL:川嶋博、内海知香
 82  NEWS FILE/CINEMA TALK/EDITOR ROOM