365号 2009年1月号(2月6日発行)

特集●チェ28歳の革命★チェ39歳別れの手紙
  4  スティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロ
    チェという人間と一緒にいること、
    それはどんな感覚だったのかを味わってほしい。
 12  橋本勝:この映画が好き!『チェ39歳別れの手紙』 
    革命はカッコよくなくていいのだ
 14  伊藤千尋:ゲバラの人生
    理想を抱き、理想に生き、理想に死んだゲバラ
 28  再録:『チェ・ゲバラー人々のために』作品紹介


 32  ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督『ロルナの祈り』
    愛の主体が消滅したときに、初めて愛は客体となる。
    そういう逆説的なラブストーリーです。
 37  サンドリーヌ・ボネール監督『彼女の名はサビーヌ』 
    他の人間と接すること、関係を結ぶこと、分かち合うこと。
    これらは誰にも必要なことです。
 42  ナディーン・ラバキ監督『キャラメル』
    過去を振り返るのではなく、未来を描きたかったのです。
    この映画は別の方法で戦争を終らせるものです。
 45  アンジェリーナ・ジョリー『チェンジリング』を語る
    すべてを失っても子どもたちがいるだけで幸せです。


特集●鶴 彬―こころの軌跡
 48  採録シナリオ
 67  神山征二郎監督:制作ノート


 68  連載:小宮山量平「映画は《私の大学》でした」(25)
    一人ひとりがベストテンを
    “若い芸術”をささえるエネルギー
    その同時代人感が創り成す日本思想史
 70  今泉幸子:ヨーロ・パリ最新情報
    憂鬱な年明け――シネマのパパ、クロード・ベリ逝く
 72  平野共余子:ニューヨークで公開された年末年始の映画
 76  今月の映画=編集部
 78  JOURNAL:上映・普及=川嶋博、鑑賞・批評=内海知香子
 80  NEWS  FILE/EDITOR  ROOM

      定価 <本体700円+税> 〒84円